国の教育ローンは低所得者の方のためのローンです

低い金利として有名な教育ローンと言えば教育一般貸付という国営のローンがあります。

金利は年1.76%という低金利となっており銀行や信販会社のローンよりもお得です。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国の教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

学費以外に受験時の交通費や宿泊費、パソコン購入費など幅広く多様な使い道に対応可能となっています。

ただし、国の教育ローンは低所得者の方のためのローンですので対象となるのは中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

学生の保護者が学費などの支払い目的で教育ローンを組むという方が多いようです。

義務教育以上の学費や私立の学校であっても利用対象となります。

教育ローンの融資を行っている金融機関は大手銀行はもちろん地方銀行などになります。

注意事項としては金融機関によっては、保育園児は教育ローンが不適用となる場合がある事です。

借りやすい教育ローンもローン契約であることは間違いありませんので、利用するためには審査をクリアする必要があります。

審査を受ける際にいくつか用意するものがあり、本契約までには全部揃える必要があります。

ネット申込みの場合、借入申込書は不要ですが収入証明は必須です。

ほかに、運転免許書やマイナンバーカードなど本人確認できる書類や住宅ローン(家賃)などの支払いが確認できる通帳のコピーも必要となります。

しかし何より一番肝心な書類は在学を証明できる書類であったり、合格が確認できる通知、入学許可書ということになります。

埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンというサービスになります。

りそな借りやすい教育ローン変動金利なので年に2回ほど金利が更新されます。

現在の金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人ならば。

住宅ローンご利用者プラン1.80%が適用されます。

最大借入可能額は500万円となっており返済期間は1年単位で最長14年まで可能です。

在学中は利息のみの返済が可能だったり納付金を支払った後でも、3ヶ月以内なら借入れできるなどのメリットもあります。

借りやすい教育ローンを比較するのであればランキングサイトを利用すると効率的です。

わざわざ金融機関を回ったり電話で資料請求する手間は要りません。

金利や借入可能額については一覧表になっているため、比較も簡単です。

表の中には、来店する必要の有無やローンのお勧めポイントなどが網羅されているサイトもあります。

わざわざ検索しなくても、銀行のHPへ飛べるようにリンクが貼られていることが多いので是非ご活用ください。

高校生の学費は安いと思っている方もいるかもしれませんが、私立であれば年間70万円以上も学費が必要になります。

学費が払えないなんてことになってしまうと最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校は教育機関のため、一定の猶予が与えられますが3か月以上滞納してしまうと、除籍や退学になる可能性が上がります。

学費が払えないときの解決策となると、借金ということになりますが借りる際には借入先を慎重に選ばないと借金が膨大になってしまう可能性があります。

教育一般貸付(国の教育ローン)なら世帯年収が低い方でも安心して借りることができます。

教育ローンが借りれないという人にはきっと何かしらの原因があるのではないかと思います。

まず、仕事についていなければなりませんから無職であったり年金受給者の方は借りれません。

正社員である必要はありませんが安定した収入を得ている証明が必要となります。

非正規で働いている人は最低限2年以上の勤続年数がないと難しいです。

年収も200万円以上はないと審査をクリアするのは厳しいと言わざるを得ません。

ろうきんは会員が出資し会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社といった営利目的では運営されていないため金利は2から3%台と比較的低くめになっているのが特徴的です。

融資の限度額は1000万円から2000万円と高めのとなっており返済期間は15年から20年で長期ローンになっているのが特徴です。

一般の人でも借りることはできますがろうきんの会員であれば優遇金利が適用されるケースが多いです。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

借りやすい教育ローンという学びたい方のためのローンを提供している金融機関は銀行やノンバンクなど多数あります。

参考:借りやすい教育ローンとは?審査通りやすい?【学費を借りる方法】

その中で特におすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

銀行などと比較すると最高融資額は350万円と少なめですが、年利1.76%の固定金利なので安心です。

大学や高校に限らず専門学校や予備校などにも認められています。

利用目的も入学金や授業料ばかりでなく教材費はもちろんのこと定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

教育ローンの金利について紹介します。

教育ローンの金利は融資機関によってひじょうに差があります。

金利が低い融資期間だと1%台からありますが高金利ところだと10%近いものもあるのです。

銀行のローンであれば口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

また、金利には2種類あり固定金利と変動金利の2種類に分かれます。

昨今は低金利の時代と言われていますので固定金利の方が安心かもしれません。