銀行系のおまとめローン審査は厳しい?

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とは貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

複数の金融業者から借金をしていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなので前向きに検討することをおすすめします。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行が提供しているおまとめローンならその方向性でも問題ないと思うのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

その理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

参照:モビットおまとめローン審査は?借金一本化は?【総量規制対象?】

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須になる書類には本人確認書類があり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので返済日や残高の管理がしやすくなります。

メリットばかりが強調されるおまとめローンですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。